[c++] 2次元配列的な書き方

自分メモ

2次元配列

C++11 以前では、2次元配列はこんな感じで書いていました

1
2
3
4
5
6
// 2-dimensional array (raw type)
constexpr static float xy_raw[][2] = {
      { 0.f,  10.f}  // 0
    , { 20.f, 30.f}  // 1
    , { 40.f, 50.f}  // 2
};

これでも悪くは無いのですが、生配列を扱うと範囲外アクセスに気が付かない可能性が出てきます そこで C++11 から境界チェックが出来る配列の std::array が登場しました
これを使えば、C-styleの配列のノリで扱うことが可能です

さらに2次元配列にしたければ std::arraystd::vector に入れることで実現可能です

1
2
3
4
5
6
// 2-dimensional array (using stl)
const std::vector<std::array<float, 2>> xy_array = {
      { 0.f,  10.f}  // 0
    , { 20.f, 30.f}  // 1
    , { 40.f, 50.f}  // 2
};

悪くなさそう

動作確認

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
#include <iostream>
#include <vector>
#include <array>

int main() {
  // ---------------------------------
  // 2-dimensional array (raw type)
  constexpr static float xy_raw[][2] = {
        { 0.f,  10.f}  // 0
      , { 20.f, 30.f}  // 1
      , { 40.f, 50.f}  // 2
  };

  std::cout << "xy_raw[0][1]: " << xy_raw[0][1] <<  "\n"; // 10

  // xy_raw[1][2] は out of rangeだけど warningになってる
  // これはたまたま xy_raw[2][0] と同じなので動作しているだけ
  std::cout << "xy_raw[1][2]: " << xy_raw[1][2] <<  "\n"; // 40

  // ---------------------------------
  // 2-dimensional array (using stl)
  const std::vector<std::array<float, 2>> xy_array = {
        { 0.f,  10.f}  // 0
      , { 20.f, 30.f}  // 1
      , { 40.f, 50.f}  // 2
  };

  std::cout << "xy_array[2][0]: " << xy_array.at(2).at(0) <<  "\n";  //40  

  // compile error
  //std::cout << "xy_array[1][2]: " << xy_array.at(1).at(2) <<  "\n";  // out of range accsess
}

結果

xy_raw[0][1]: 10
xy_raw[1][2]: 40
xy_array[2][0]: 40

コンパイル時に教えてくれるので助かります

参考


[WindowsTerminal] Preview版のインストール&Git Bashを追加したい

Windows Terminal …どんなもんだろなと思って、使ってみました

もともとは、Gitのブランチ名をコマンドプロンプトに表示できたらいいのにー と思って調べたのでした
Windows Terminal に Git Bash (正確には Git for Windows ) が登録できるようなので、それをやってみました

Windows Terminal (Preview)のインストール

普通に 「Windows Terminal download」で検索すると、わたしの場合「マイクロソフトストア」のリンクがトップに来ましたけど
ストアとかよくわからんし…

よく見ると Windows Terminal は GitHub に公開されてます

ここから Preview版をGet★

3/19時点では、Windows Terminal Preview v0.10.761.0 のバージョンでした


以下、やったこと

1) msixbundle を実行するとこんな画面↓↓↓

2) インストールを押すと、わたしの環境ではエラーになりました

エラーメッセージ内容:

Microsoft.WindowsTerminal_0.10.761.0_x64__8wekyb3d8bbwe をインストールできません。このパッケージはデバイスと互換性がありません。このパッケージをインストールするには、OS バージョン 10.0.18362.0 またはそれ以降の Windows.Mobile デバイス ファミリが必要です。現在、デバイスでは OS バージョン 10.0.17763.1098 が実行されています。 (0x80073cfd)

おぉ。。。めっちゃ判りやすいメッセージが!

3) よくわからんけど、Windows Updateしてみます

4) もう一度ダウンロードした msixbundle を実行

5) 正常にインストールできたみたい!

6) 開くウィンドウのタイプを選べます

よしよし

タブに Git Bash を追加

先人が居てました。。。!

あと中の人のスコット・ハンセルマンのブログも参考になりました

真似してわたしもやってみます

7) PowerShell で GUIDを取得します

GUIDの設定は、生成できるものであればなんでも良いみたいです

GUID生成サイトもありました(。・_・。)

わたしは PowerShell で作ってみます

> [guid]::NewGuid()

こんな感じで取得できました

8) Windows Terminal の settings を開きます

これは json ファイルになってました

わたしの環境では、以下のパスに存在していました
※ xxx… は編集しています、適当な文字列でした

C:\Users\akiko.kawai\AppData\Local\Packages\Microsoft.WindowsTerminal_xxxxxxxxxxxxx\LocalState\profiles.json

デフォルトの中身はこんな感じ↓↓↓

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
// To view the default settings, hold "alt" while clicking on the "Settings" button.
// For documentation on these settings, see: https://aka.ms/terminal-documentation

{
    "$schema": "https://aka.ms/terminal-profiles-schema",

    "defaultProfile": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",

    "profiles":
    {
        "defaults":
        {
            // Put settings here that you want to apply to all profiles
        },
        "list":
        [
            {
                // Make changes here to the powershell.exe profile
                "guid": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",
                "name": "Windows PowerShell",
                "commandline": "powershell.exe",
                "hidden": false
            },
            {
                // Make changes here to the cmd.exe profile
                "guid": "{0caa0dad-35be-5f56-a8ff-afceeeaa6101}",
                "name": "cmd",
                "commandline": "cmd.exe",
                "hidden": false
            },
            {
                "guid": "{b453ae62-4e3d-5e58-b989-0a998ec441b8}",
                "hidden": false,
                "name": "Azure Cloud Shell",
                "source": "Windows.Terminal.Azure"
            }
        ]
    },

    // Add custom color schemes to this array
    "schemes": [],

    // Add any keybinding overrides to this array.
    // To unbind a default keybinding, set the command to "unbound"
    "keybindings": []
}

9) profiles の個所に以下を追加します

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
{
    // さっき PowerShellで作ったGUID
    "guid": "{99999999-9999-9999-9999-999999999999}",
    // ウィンドウの半透明度合い
    "acrylicOpacity" : 0.75,
    "closeOnExit" : true,
    "colorScheme" : "Campbell",
    // Git Bash の exe のある場所
    "commandline" : "\"%PROGRAMFILES%\\git\\usr\\bin\\bash.exe\" -i -l",
    "cursorColor" : "#FFFFFF",
    "cursorShape" : "bar",
    "fontFace" : "Consolas",
    "fontSize" : 10,
    "historySize" : 9001,
    // CMDアイコンならこれ
    //"icon" : "ms-appx:///ProfileIcons/{0caa0dad-35be-5f56-a8ff-afceeeaa6101}.png",
    // Git for Windows の ico ファイルを直接指定することも出来る
    "icon" : "%PROGRAMFILES%\\git\\mingw64\\share\\git\\git-for-windows.ico"
    // 追加タブに表示する名前
    "name" : "GitBash",
    "padding" : "0, 0, 0, 0",
    "snapOnInput" : true,
    // 初期ディレクトリ、 "C:\\dev" などでもOK
    "startingDirectory" : "%USERPROFILE%",
    "useAcrylic" : true
}

◆アイコンについて

アイコンの登録は ms-appxのURL のまんまが使えるみたいです

参考:

試しに Linux アイコンにしてみたら、ペンギンになりました(。・_・。)ノ

CMDアイコンだとこんな感じ


◆GUIDについて

今回は GUID は適当なものを PowerShell で作りましたが

profiles.json の中の "defaultProfile" の値を
自分の Git Bash の GUIDに設定すると
Windows Terminal のデフォルト起動時のウィンドウに出来ました


◆profiles.json

profiles.json の全体像はこんな感じ

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
// To view the default settings, hold "alt" while clicking on the "Settings" button.
// For documentation on these settings, see: https://aka.ms/terminal-documentation

{
    "$schema": "https://aka.ms/terminal-profiles-schema",

    "defaultProfile": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",

    "profiles":
    {
        "defaults":
        {
            // Put settings here that you want to apply to all profiles
        },
        "list":
        [
            {
                // Make changes here to the powershell.exe profile
                "guid": "{61c54bbd-c2c6-5271-96e7-009a87ff44bf}",
                "name": "Windows PowerShell",
                "commandline": "powershell.exe",
                "hidden": false
            },
            {
                // Make changes here to the cmd.exe profile
                "guid": "{0caa0dad-35be-5f56-a8ff-afceeeaa6101}",
                "name": "cmd",
                "commandline": "cmd.exe",
                "hidden": false
            },
            {
                "guid": "{b453ae62-4e3d-5e58-b989-0a998ec441b8}",
                "hidden": false,
                "name": "Azure Cloud Shell",
                "source": "Windows.Terminal.Azure"
            },
            {
                // さっき PowerShellで作ったGUID
                "guid": "{99999999-9999-9999-9999-999999999999}",
                // ウィンドウの半透明度合い
                "acrylicOpacity" : 0.75,
                "closeOnExit" : true,
                "colorScheme" : "Campbell",
                // Git Bash の exe のある場所
                "commandline" : "\"%PROGRAMFILES%\\git\\usr\\bin\\bash.exe\" -i -l",
                "cursorColor" : "#FFFFFF",
                "cursorShape" : "bar",
                "fontFace" : "Consolas",
                "fontSize" : 10,
                "historySize" : 9001,
                // CMDアイコンならこれ
                //"icon" : "ms-appx:///ProfileIcons/{0caa0dad-35be-5f56-a8ff-afceeeaa6101}.png",
                // Git for Windows の ico ファイルを直接指定することも出来る
                "icon" : "%PROGRAMFILES%\\git\\mingw64\\share\\git\\git-for-windows.ico"
                // 追加タブに表示する名前
                "name" : "GitBash",
                "padding" : "0, 0, 0, 0",
                "snapOnInput" : true,
                // 初期ディレクトリ、 "C:\\dev" などでもOK
                "startingDirectory" : "%USERPROFILE%",
                "useAcrylic" : true
            }
        ]
    },

    // Add custom color schemes to this array
    "schemes": [],

    // Add any keybinding overrides to this array.
    // To unbind a default keybinding, set the command to "unbound"
    "keybindings": []
}

10) おぉ!Bashタブがリアルタイムに追加されてる!

Windows Terminal を開きっぱなしの状態でも
追加のタブを見ると Git Bash 項目が見えました
やったー

11) 作業したいブランチ名もちゃんと表示されてます

当然といえば当然


結構いろいろと簡単にやりたいことが出来た印象です

調べてもすぐ情報が見つかったし
WindowsTerminal、早く Preview 取れて欲しいですね♪


[GitHub Pages] カスタムドメインのDNS情報を更新する

去年、2019年の4月くらいから
GitHub Pages にファイルをアップすると、ワーニングが出るようになった

内容はこんなやつ

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
Title: [h-sao/h-sao.com] Page build warning

The page build completed successfully, but returned the following warning for the `gh-pages` branch:

The custom domain for your GitHub Pages site is pointed at an outdated IP address. You must update your site's DNS records if you'd like it to be available via your custom domain. For more information, see https://help.github.com/en/github/working-with-github-pages/configuring-a-custom-domain-for-your-github-pages-site.

For information on troubleshooting Jekyll see:

  https://help.github.com/articles/troubleshooting-jekyll-builds

If you have any questions you can contact us by replying to this email.

(* ̄- ̄)ふ~ん、よくわからんけど
何やらDNSの設定を変えないといけないのね

めんどくさー
後で後で…と思い続けて早10か月ほど…

さすがに対応しないと、自分のブログがアクセスできなくなるかもと焦り、重い腰を上げました

(前提条件)このブログの運用情報

カスタムドメインを GitHub Pages に割り当てる方法

調べてみると全然難しくなくて
上記のワーニングメールに書かれてたURLにアクセスしたら、全てが書かれてました

ただわたしにとっては真剣に読む気で読まないと頭の中スルー…って感じの内容だったので、ちょっと真剣に読んでみました

英語版はこれ↓↓↓なのですけど

https://help.github.com/en/github/working-with-github-pages/managing-a-custom-domain-for-your-github-pages-site

ご丁寧に日本語版も提供されています

これを見ながらやってみます

まずわたしのGitHub Pagesの設定画面は、こんな感じで黄色いワーニングが出てました

今までずーっと無視してきましたが、いよいよ解決する日が来ましたよ

わたしが割り当てているカスタムドメインは Apex ドメイン になっています
( www.h-sao.com ではなく、 h-sao.com としてアクセス)

日本語版の「カスタムドメインとGitHub Pagesについて」の説明を読んでみると、
「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。 とあるので、素直にそのリンクに飛びます

ここにありました! Apexドメインを設定する方法が!
A レコードのIPアドレスが書いてありました

185.199.108.153
185.199.109.153
185.199.110.153
185.199.111.153

あと、最初の「カスタムドメインとGitHub Pagesについて」には、こんな記載もありました

サイトには、カスタムドメインの一方または両方を設定できます。 Apex ドメインを使用している場合でも、www サブドメインを使用することをおすすめします。

ふむふむ、www は付けるのを推奨してるのね、了解
cname も追加してみました

# 設定するAレコード
a @ 185.199.108.153
a @ 185.199.109.153
a @ 185.199.110.153
a @ 185.199.111.153

# サブドメインも設定しておく
cname www h-sao.github.io.

Valueドメインの設定画面

これを設定すると、わたしの場合はちょうど15分後に設定が反映されました

よかったー!


[Git] Gitの歴史を書き換える関連

よくやらかすので自分メモ

事前準備

# 今いるブランチの確認
$ git branch

# ブランチに移動
$ git checkout feature/xxxxx

PR出す前、きれいな環境にしたいなどで整えておきたいこと

# 手動ブランチの取得/追従
$ git checkout feature/yyyyy
$ git pull

ローカル作業全てを無かったことにする

git fetch origin
git reset --hard origin/master

pushしてしまった歴史を書き換える

# 自分の名前のコミットを検索
$ git log --committer="Sao Haruka"

# ↑の gitlog より戻りたいハッシュ値を探す

$ git reset [戻りたいコミットのハッシュ値] --hard

# 強制push
$ git push -f origin feature/xxxxx

既に feature/xxxxx で誰かが作業していたら強制プッシュはあきらめる

不要になったブランチを削除する

要らないブランチは削除しとく

$ git push --delete origin feature/xxxxx

PRに不要なコミットが混じる

原因:

マージ先の最新を取っとくと大丈夫


[Git] Commit&PushしてしまったAuthor情報を変更したい

最近、GitKraken を使って更新をしています
Pro バージョンだとアカウント情報の切り替えが簡単に出来るので
会社用や個人用に切り替えて作業するのがとても便利です

しかしたまに切り替え忘れて、本来のアカウントじゃないやつでコミットしてしまって
意図しないメアドやユーザ名が入ったりして…(-“-;A …アセアセ

そんなときの変更の方法です

Author 変更方法

直前のコミットを変更したい場合です

$ git commit --amend

を使うと、コミット履歴が書き換えられるんですけど
これで書き換えると、コミットの作者(Author)は変わらず、コミッター(Commiter)が変わるだけです

Authorを書き換えるには

$ git commit --amend --author="Sao Haruka <sao@tmp.com>"

こうすると書き換わります
こんな感じね↓↓↓

1
2
3
4
$ git commit --amend --author="Sao Haruka <sao@tmp.com>"
[feature/xxxxx 9999999999] [WIP] Added hogehoge
 Date: Thu Oct 10 22:30:00 2019 +0900
 1 files changed, 1 insertions(+), 1 deletions(-)

書き換わったー!

サーバーに push しちゃってるとき

もし自分だけの作業ブランチでやってるのであれば、サーバーの履歴を強制的に書き換えることが出来ます
(共通ブランチでは、強制書き換えはやめよう)

$ git push -f [repository] [branch]

恐る恐るやってみる

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
# まずは強制オプションをつけずにやってみる(もちろんエラー)

$ git push origin feature/xxxxx
To tmp.com:ohoho/hoge.git
 ! [rejected]              feature/xxxxx -> feature/xxxxx (non-fast-forward)
error: failed to push some refs to 'tmp.com:ohoho/hoge.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.

# 強制オプションをつけてpush

$ git push -f origin feature/xxxxx
Enumerating objects: 1, done.
Counting objects: 100% (1/1), done.
Delta compression using up to 1 threads
Compressing objects: 100% (1/1), done.
Writing objects: 100% (1/1), 1 KiB | 1 MiB/s, done.
Total 1 (delta 1), reused 0 (delta 0)

事なきを得た(_・ω・)_バァン…

参考:


[Hugo] Hugoの環境をDocker上で動かす

今回の環境

このブログは Hugo というスタティックジェネレーターで作っています

Hugoは golang で動いているので、ローカルに Go の環境が必要なわけですが
以前、MacBookの中にダイレクトに Hugo をインストールしていたら、別で入っているGoのバージョンと、うまくかみ合わなくなったことがありました

解決に結構時間が取られちゃったので、もう macOSを使うときには、なんでもかんでも docker で分離しようと心に決めたのでした…

その方法です

やってみたら、超簡単でした


Hugo に対応した docker image をダウンロード

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
# Hugo で docker を検索
sao$ docker search hugo
NAME                  DESCRIPTION                            STARS    OFFICIAL  AUTOMATED
jojomi/hugo     hugo, see https://gohugo.io                     44               [OK]
publysher/hugo  Docker base image for static sites generated…   37               [OK]
monachus/hugo   Docker image for building and running Hugo (28               [OK]
klakegg/hugo    Minimal image and variants with batteries in…   22               [OK]
cibuilds/hugo   Docker image for Hugo, the static-site gener…   10  
…
…(いっぱいあった)

今回わたしは、klakegg/hugo のバージョンを使うことにしました

1
2
# ダウンロード
sao$ docker pull klakegg/hugo

起動

1
2
3
4
5
6
7
# ローカルのマークダウンファイルの場所に移動
sao$ cd h-sao.com/

# まんまこのコマンドでOK
h-sao.com sao$ docker run --rm -it -v $(pwd):/src -p 1313:1313 klakegg/hugo:0.55.0 server

# ブラウザで http://localhost:1313 にアクセスするとOK

超超超簡単でした。。。

これからも mac環境では docker さまに当分お世話になりますm(_ _)m


[VisualStudio] Visual Studioで使う改行コードを指定する方法

環境

元々これを調べたきっかけは、Unityで作ったプロジェクトファイルを開いたときに
改行コード に関する警告が必ず出ていたからです

There are inconsistent line endings in the ‘Assets/Script/xxxxx.cs’ script. Some are Mac OS X (UNIX) and some are Windows.

Windowsで作業してたとしても、Unityのプロジェクトはで作られたソースコードは
改行コードが LF なんですよね
Visual Studio のデフォルトは CR+LF

それで改行コードが混じってますよ~とVSが警告出してくれてたんですね。。。

プロジェクト内では、Windows と macOS が入り乱れている状態なので
CR+LF に統一も出来ず
LFに統一するしかない…

そんなときは、.editorcongfig ファイルを作成するのがおススメです!

.editorcongfig ファイル

[*]
end_of_line = lf
charset = utf-8-bom

end_of_line で改行コードを LF 指定にしています
あとUnityで日本語を扱うなら、Bom付きのUTF-8 が良いらしい(?)

この.editorcongfig ファイルをUnityプロジェクト直下に置けばOK

Visual Stusio で編集したコードでも、LFの改行コードとなりました

警告無く作業が出来るようになって、小さなストレスから解放♪


[Windows10] 範囲選択スクリーンショットを撮る機能の紹介

macには、範囲選択してスクリーンショットを撮る機能がずいぶん前からあるんですけど

Windowsはしばらくありませんでした…

でも(いつから出来るようになったのかよく知らないけど)
Windows10でも標準機能で、範囲選択スクリーンショットが出来るようになってたので
それを紹介しておきます


1) ウィンドウズマーク + Shift + s

を押すと、こんな↓↓↓範囲選択をする機能が現れます

2) 選択が終わると、クリップボードにコピーされます↓↓↓

3) さらに上記の
 「画像をマークアップして共有するには、ここを選択してください」
をクリックすると

切り取り&スケッチ ツールが立ち上がります!

これで簡単なお絵描きやトリミングが出来るようになりました

5) 良い感じに調整できたら、右下のファイル保存マークをポチッ!

ファイルが保存!やったーv(o ̄∇ ̄o)

もちろん、切り取り&スケッチツールを使わずに
好みのペイントツールを立ち上げて
Ctrl + v で貼り付けてもOK(・ω・)ノ

こういうシンプルな機能が欲しかった~


[MSMVP] 2019年7月 Microsoft MVP for Developer Technologies を再受賞しました

遥佐保(はるか・さお)です

今年も7/1付けでマイクロソフトさまより MVP を受賞させて頂きました
カテゴリー名称は Developer Technologies となります

去年はC++17の機能を勉強していく会を平日の晩にやっていました
(あの勉強会、ほんと楽しい…!)

なんと!10回めの受賞です!!
立派な古株><。

こうやってコミュニティ活動を行っていける環境に感謝しつつ
今期もまた楽しく、役立つ何かを発信し続けていければなと、改めて決意したのでした

今後ともどうぞ、
よろしくお願いします


[macOS] 自分メモ!Mac手に入れたら最初にすること(多少Windows風)

新しくMacを入手したときの、自分なりの設定とかインストールするものを列挙してます
Windowsに慣れた人ならきっとやりたくなるキーボード設定なども書いてます

完全な自分メモですが、Windows開発者の方の参考になればー!


最初の最初に入れたいソフト


AppleStore系

キー入力系の設定

日本語入力設定をカスタマイズ する

Caps Lockキー使ってないから日本語変換に使って、カタカナ変換不要にする

システム>キーボード>
 - 入力モードのカタカナをOFF
 - Caps Lockの動作「オフの時「英字」を入力」

キーボードの設定変更

コピペとか日本語変換をWindows風にする
(わたしの場合は外付けキーボードのみ変更しました)

以下、外付けキーボードを接続後に… (今回は英字キーボード)

システム>キーボード>キーボードタブ>
 修飾キー> Microsoft2.4GHz Transeiver を選択
  Controlキーを *Commandに変更
  Commandキーを ^Controlに変更

本当はMacに慣れようと思ってデフォルト設定で頑張っていましたが
Windowsで慣れまくった外部キーボードを利用するのは至難の業でしたので
設定ごと変更してしまいました(‘ω’)

<参考> 変更前の内臓キーボードの設定

日本語切り替えをWindows風に変更する

日本語切り替えが一番手に馴染んでしまってたので、設定を変更しようと思ったきっかけです

システム>キーボード>ショートカットタブ>入力ソース
 前の入力ソースを選択 を Alt+` に変更

(外部の英字キーボードで主に使う目的です)

Touch Bar のカスタマイズ

ファンクションキーを常時表示 にしたかったのと、画面ロック を入れたかった

システム>キーボード>キーボードタブ>
 Touch Barに表示する項目>F1,F2などのキー

システム>キーボード>キーボードタブ>
 Touch Barをカスタマイズ>画面ロックをTouch Barに入れる


この画面の下にタッチバーがあるので

システム系の設定

Finder をフルパス表示にする

Finder>表示>
 ステータスバーを表示
 パスバーを表示

時刻表示のカスタマイズ

Finder>日付と時刻>時計
 秒を表示をON
 日付を表示をON

パスワードの変更

もし変更する必要があるなら

Finder>ユーザとグループ>
 パスワード変更

指紋登録

思った以上に、指紋でのロック解除は良いです

Finder>
 Touch ID に指紋登録

ターミナルの設定

環境>プロファイル>
 Homebrew にする

このあたりまで来たら、平常運転可能v(o ̄∇ ̄o)♪

以下はおまけ!

Chrome Extensions とか

アプリのインストール

あとは思いつくままに。。。

こんな感じかな