«

""


[Chrome] Google Chromeのマルチプロファイル設定

Google Chrome を使って、Webサイトの開発をしている人向けの情報です

自分のChromeのユーザプロファイラを使わずに、開発は別のプロファイラを使いたいってこと、ありますよね…?

[プランA] ユーザプロファイラを切り替える

Google Chrome のユーザデータを、開発用と自分個人用とに分けたい
開発用のモバイルモードで見てるときに、普通にPCブラウジングがしたい

とかいうときのために(か、どうか分かりませんが…)

Google chrome は複数ユーザに対応しています

  1. chrome://settings/ にアクセス
    もしくは、メニューの「設定」を押す

  2. 「ユーザ」の設定項目があるので、追加します

  3. アイコンと名前を選択して「追加」します
    (わたしの場合は適当に Development と付けました)

  4. ユーザ名が右上に表示されるようになり、新しい「Development」ユーザでブラウザが立ち上がります

Extension や閲覧履歴は、完全に今まで使っていたものとは別になっているので
新規プロファイルが使い放題です(*ノωノ)

これまで使っていたユーザは「ユーザ-1」
開発用のユーザは「Development」
で、使い分けることが可能になりました

[おまけ] 起動時に Development ユーザを指定して起動する方法

ちなみに、デフォルト起動はもちろん、これまで使っていた「ユーザー1」で立ち上がります

ショートカットなどで、さっき作ったDevelopmentユーザがいきなり立ち上がって欲しいときは
以下のように「profile-directory」起動オプションを設定してあげると
任意のユーザプロファイルで立ち上がります

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --profile-directory="Profile 2"

※Chromeのショートカット設定にしておくと便利です

わたしの環境では、”Peofile 2”という名前でしたが、これは作った環境によって異なっているはずです

Chromeユーザプロファイルのデフォルトの位置はこちら↓↓↓

“C:\Users[Winユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Profile x”

ちなみに、これまで使っていた自分の環境である「ユーザー1」は「Default」というディレクトリ名です

“C:\Users[Winユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default”


さて、プランAのプロファイル切り替えでも、まぁ用途は足りるんですけど
1点だけ、気に入らないところがありました…

確かに、完全にプロファイルは別になるのですが
起動時の画面サイズは、プロファイル間で共有されてしまうのです

これを解消したい…!
それが次に示すプランBのパターンです

[プランB] 稼働環境を別物にする

つまりプランAのままだと、

自分でブラウジングしてる「ユーザー1」の画面サイズと
「Development」ユーザの画面サイズを、
個別に保存することは出来ない

のです…
あぁ残念 xxx

でも大丈夫(*ノωノ)

方法がありました

プロファイルの保存場所そのものを、別のディレクトリにすればOKでした

指定するオプションは「user-data-dir」です

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --user-data-dir="C:\utils\chrome_dev_profile"

※同じく、Chromeのショートカット設定の図、先ほどのプランAの profile-directory オプションは不要

このオプションで指定するディレクトリは、どこでもいいみたいですが
出来ればデフォルトで利用している

C:\Users[Winユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

の配下は、避けた方がいいかもしれません
(わたしの環境では、スタートページがちょっと変になりました。深追いして調べてないです…)


プランA/Bのどちらでも、マルチプロファイラでブラウジングできるのですが
より独立した設定をしたい!という人には、プランBが私的にはお勧めです

Chrome は起動オプションがいっぱいあって、他にも
Userエージェントを指定出来たり(user-agent)、
ブラウザの言語を指定したり(lang=en-USで英語になる)と
いろんな機能が用意されてるので
開発用途としてはなかなかいい感じだなと、今更ながら思いました(*´∇`)ノ


<参考>

ちなみに、Google Chrome の起動オプションは
公式ではちょっと探しにくかったんですけど(わたしの探し方が悪いかも…)
こちらの人のサイトが、簡潔で一覧性が高く、参考になりました(^▽^)/

以下、日本語の参考サイト