«

""


[Android]Xiaomi Redmi Note2にGooglePlayをインストールする

クロスプラットフォームで開発していると、やはり最新の端末が欲しくなりますよね~

1年以内発売の iPhone と Windows Phone は持っているのですが
そろそろ新しい Android が欲しい~と思っていたので、買ってしまいました

シンガポール旅行に行った際に、ブギスの電気屋街、Sim Lim Square(シムリム スクウェア)で、今をトキメク Xiaomi(しゃおみ)デバイスを購入しました

全部で6Fまでありましたが、結局1Fのお店の品ぞろえが一番まとまってる印象でした
Xiaomi正規店も1Fに入っていました


Xiaomi Redmi Note 2

購入したのは、Xiaomi Redmi Note 2

画像のように、デフォルトでは中国語のアプリがたくさん入っています
そして、Google Play Store は入っていません!

デフォルトのIMEが Buidu なので、まぁこのままでは、日本語が打てません(><;)

なので Google Play Store をインストールする方法をメモしておきます


GooglePlay installer APKが最適解

検索すると色々な方法が出てくるのですが、おそらく、Google installer のAPKを直接インストールするのが、手っ取り早いです
(チャイナストアやMIストアからGooglePlayらしきものをインストールしても、わたしの場合は、動作しませんでした)

情報元はこちらの Xiaomi公式コミュニティ掲示板です

Xiaomiはすごくコミュニティも発達してるんですよね~ちゃんと英語の掲示板なので、読めました(^_^)

上記サイトにある、GooglePlayを入れるための Google installer をAPKからインストールします

Google installer谷歌应用下载器.apk
(1009.36 KB, Downloads: 237400)

PCから落とすなどするよりも、直接 Xiaomi デバイスからダウンロードした方が、早いと思います
もしかしたら、MIアカウントを作らないとダウンロード出来ないかもしれません(わたしは作りました)


Androidがセキュア過ぎて、思った順番にインストール出来ない

installer を入れると、以下の4つがインストール可能になります

  1. Google Services Framework
  2. Google Account Manager
  3. Google Play services
  4. Google Play Store

そのままインストールしたら良いので、おそらく、この順番でインストールが走ると思います
(ここ、画面キャプチャを取り忘れたので申し訳ない)

ところが、1番目をインストールしようとすると、本当にインストールしていいかどうかの許可画面が出ますよね、こんな感じに…
(イメージ画像です↓↓↓)

この画面で 「1番のアプリに対して」ユーザが許可を押そうとするときに、すでに「2番目のインストール」が動いてしまうのです

結果的に、 「1番のアプリの許可画面」は裏にまわってしまい
「2番目のアプリの許可画面」が一番手前に来ることになります
つまり最終的には、「4番目のアプリの許可画面」が最前面になります

入れたいアプリは Google Play Store なので、それでも良いかなと思って
4→3→2→1の順にインストールするんですけど、
お察しの通り、Google Play Store は起動しません
おそらく、Google Services Framework とかが、Google Play Store のインストールに必要なんじゃないかなーと思います

なので、いったん、Google Play services、Google Play Store をアンインストールし、再度、Google Play services、Google Play Store をインストールします

いやー(~0~) これで、わたしの端末で、Google Play が動くようになりました!


その他、Xiaomi デバイスで気づいたところ

日本語モードはない

日本語モードは入っていません
ROMとか焼き直すと良いらしいですけど、まだやってないです

Permissions アプリがうれしい

デフォルトで入っている Permittions アプリが最高に便利

各アプリ毎の許可 どのアプリが使ってるか

SIMは2枚ささる

両方LTEをつかめます
ただし、片方がLTEをつかんでいるときは、もう一方はつかめない仕様です

なので、日本で、1番目にDocomoを刺して、2番目にauを刺す、とかして
1番目はLTEでデータ通信、2番目はauで電話とメールのみ
とかにしたくても、ちょっと難しいかも
日本は今現在、ほぼLTEになってしまってるので、そういう活用は出来なさそうかも…?

どちらにしても、技適通ってない端末なので、日本では使っちゃダメ

まとめ

もろもろ満足しています
同じようにシンガポールや中国で購入した方の参考になれば~


[Android] 開発者向けオプション表示とAPKインストールコマンド

ずいぶん昔から出ている情報ですが、メモっときます

Android端末に自作アプリを入れるシンプルな方法です

Android端末での準備

Android4.2以降の端末だと「開発者向けオプション」が非表示になってるので

USBデバッグを有効にしたい場合は

端末情報 > ビルド番号

このビルド番号を7回クリックしたら、「開発者向けオプション」が表示されます

やっておくことは
こんなところでOK

(参考)
USBデバッグを有効にする、提供元不明アプリのインストールを許可する - Yahoo!スマホマネージャーヘルプ 

Android端末にAPKをインストール

AndroidSDKをインストールした場所に adb tool が入っています

わたしの場合は C:\Library\android-sdk にインストールしたので、adb.exe は

C:\Library\android-sdk\platform-tools\adb.exe

よく他のサイトで、PCの環境変数パスに、C:\Library\android-sdk\platform-tools を追加設定する、というのを見かけますが
単にこの abd.exe を使うだけであれば、環境変数への追加は必要ないです

UBSでAndroid端末をPCに接続した状態で
手元の MyApp.apk をインストールするコマンドはこちら

 adb install -r MyApp.apk

さくっとインストールできました

デバイスからAPKリンクをつつくなどでも良いのですが
開発者っぽい感じかつ、
ちょっと手元でAPKを試したい時の参考までに(^^)/