«

[PowerShell] ZoneIDとPowerShellの実行ポリシー

PowerShellでちょっとしたツールを動かそうと思って、初歩的なところであれ?となったので、書いておきます

PowerShellの実行ポリシー(Execution Policy)は、

> Get-ExecutionPolicy

このコマンドで確認できます

Windows10のデフォルトでは Restricted になっていて、ps1 ファイルをコマンドライン上から実行することが出来ません
なので

> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

を実行して、 RemoteSigned にセキュリティポリシーを変更します

しかし、RemoteSigned になってることを確認したのに、
しかしなぜか、ps1 ファイルの実行時にセキュリティエラーとなってしまいました

なんだこれ(↓)は…?

セキュリティ エラー: PSSecurityException

なんでだろーと思ってたのですが、何てことはない
実行しようとしてた ps1 ファイルは、インターネット越しに入手したものでした
(自分のサイトから落としてきたんだけどね)

こんな感じ↓↓↓

どうやら、インターネット越しに入手したファイルには ZoneID というのが付与されるらしく
Windowsはローカルファイルと区別出来るようにしてくれてるんですね~

ローカルファイルとして扱いたい時には、ポチっと「ブロックの解除」を押せばOKです

ちゃんと、ps1 ファイルが動作するようになりました(^^♪

ZoneID…知らなかった…><。

参考:
- WindowsでPowerShellスクリプトの実行セキュリティポリシーを変更する - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0805/16/news139.html

comments powered by Disqus