«

[GitHub] GitHubリポジトリを別アカウントに移動させる

旧 Github Micro Plan では、プライベートリポジトリは5つまでしか持てませんでしたが
最近は Presonal Plan に変更されて、リポジトリ制限数が無制限になりましたね

それを受けて、手元で持っている複数の Micro Plan アカウントを、一つのアカウントにまとめる作業を行いました

あるGithubのリポジトリを別アカウントに移管する、という意味になります

移動元個人アカウント(XXX)のリポジトリ(X-REPO)
   ↓
移動先個人アカウント(YYY)

ドキドキしたけど、結構すんなり出来たので、別にドキドキする必要なかった(^^;)

とはいえ、わたしの様な小心者が、他にもいらっしゃるかもしれないので
(あと、忘れた頃の未来の自分のため^^;)
手順を詳細に載せときます


GiuHub上での操作(移動元)

  1. 移動元(XXX)のアカウントで GitHub にログインします

  2. 移動元(XXX)のGitHubのリポジトリ(X-REPO)の Settings> Options に行きます

  3. 一番下に Denger Zone があるので、そこの Transfer をクリックして、移動させます
    (まだ、いきなりは移動しないよ)

  4. 移動元(XXX)のリポジトリ名(X-REPO)移動先のアカウント名(YYY) を入力します

    これで、リポジトリを移動させる準備が出来ました

  5. 移動元リポジトリ(X-REPO)は、移動先アカウント(YYY)の許可待ち状態になります

    この状態であれば、Abort transferを押して、まだ移管を取り消すことが出来ますね!

その後、移動先アカウント(YYY)にメールが届く

  1. こんなメールが移動先アカウント(YYY)に届きます
<タイトル>
[GitHub] Repository transfer from @XXX (XXX/X-REPO)

<内容> 
Hello YYY,

@XXX wants to transfer the XXX/X-REPO repository to YYY/X-REPO. To accept the transfer, visit this link:

    (★ここにリンクが記載されている)

If you don’t accept the transfer, it’ll expire in about a day.

Questions? Problems? Email support@github.com any time.

Thanks,
Your friends at GitHub

ここで★のリンクをクリックすると、突然の移動完了です
お気を付けください(^_^;)

というわけで、ドキドキしながら★をクリックします

すぐに、移動元アカウント(XXX)にメールが届く

  1. 移動元アカウント(XXX)の方に、通知メールが届きます

YYY added you to X-REPO

You can now push to this repository.

---
View it on GitHub:
https://github.com/YYY/X-REPO

これで、完全に移動が完了しました


結構すんなりすぎて、あっけない感じです

issue、Collaborators など、リポジトリに必要な情報がまるっと移動できるので、とても便利でした

comments powered by Disqus